::: 現在位置:首頁 > 線上展覽
*
線上展覽 Exhibits
94b89a7b-e1ee-4bbb-8546-0409c66fc460.jpg
5bb558d7-a369-48a0-91b9-d2ee7b2c97a6.jpg
ee1756b5-097f-4dc0-9579-8a2180d24f87.jpg
銀獎 Silver Award;
Koishikawa Architects
Noritaka ISHIKAWA,Hiroya KOBIKI,
「石の祈念堂」は宮城県石巻市の山腹に東日本震災による死者・行方不明者1万8千人に対し慰霊と祈念ができる場所として建造した。積層した玄昌石の数が被害者数を表しており、訪れた人々が被害にあわれた方一人一人に対して、そして東日本全域に対して個々に想いをめぐらすことのできる場所とした。 また石巻の特産である石と鏡面ステンレスからできた祈念堂自体が、被害の大きかった東北各地の方角と地域を指し示す形状となっており、この場所に立つと自然に甚大な被害のあった方角へ手を合わせ祈れるようにと考えた。また、ステンレスでつくられた説明板は、東日本大震災が発生した季節(春)になると周囲の桜を映し出す。 一人一人への、また東日本全域への祈念、そして大震災の事実と記憶を遠い後世に残すという想いを積層した石空間に託している。